HOME > 広報 > トピックス > 2021年12月7日(火)

加藤 修三さんが第 6 回 日本生物物理学会「学生発表賞」を受賞しました。

  • 2021年12月7日(火)

 大学院理学府 物理学専攻 修士課程 2 年の加藤 修三さんが第 17 回 日本生物物理学会「若手奨励賞」を受賞しました。この賞は、日本生物物理学会の年会において優秀な発表を行った学生会員を表彰するために設立されました。2021 年度に開催された第 59 回 日本生物物理学会年会の学生発表賞はポスター発表を対象とし、18 の分野ごとに 4 名の審査員による審査を行いました。応募者の総数は 150 名で、受賞者は 42 名でした (28.0%)。

受賞者

加藤 修三 (大学院理学府 物理学専攻 修士課程 2 年)

研究テーマ

細胞区画内のセルフリー遺伝子発現における液液相分離現象とぬれ効果

研究概要

Liquid droplets of proteins are formed via liquid-liquid phase separation (LLPS) in cells. However, the detailed mechanism of the interplay of droplet formation and intracellular reactions remains unknown. We study LLPS of cell-free reactions (TXTL), which is from E. coli cytoplasm and capable of gene expression. The reactions exhibit droplets when concentrated at 2.8 times volume fractions. This droplet formation is induced when they are encapsulated in a water-in-oil emulsion and dehydrated through evaporation. Droplets coalesce, wet the membrane, and coarsens into two distinct liquid domains with crowding agents which sequester synthesized proteins. Thus, cell-free systems can pave the way to understand membrane-less compartments having gene expression capacity.

関連先リンク